So-net無料ブログ作成
作家の本棚 ブログトップ

時代小説の参考書 『江戸幕府役職集成』作家の本棚① [作家の本棚]

 これが時代小説の  参考書です。 

 

<「時代考証」について>

 テレビ・シナリオを書いていた時代、どうしても必要だったのが「時代考証」。

 当時書いていたのが「遠山の金さん」、「必殺仕事人」、「水戸黄門」‥‥。

 どうしたって江戸の暮らしへの、最低限度の知識は必要だったのです。

 で、必需品だったのが、三田村鳶魚/著「時代考証事典」と、この笹間良彦/著 『江戸幕府役職集成』(雄山閣出版)

 もちろんこれだけではダメで、江戸時代の各種文献や江戸落語、幕府資料、「国史大系」、「徳川実記」といった専門書にも眼を通さなくてはいけなかったのですが‥‥。

 なぜこの本が面白いかと云うと、まず何より解りやすくて面白い。

 専門書という堅苦しさは全く無く、ひたすら面白いのです。

 もしこの本が手元にあれば、多分時代小説の読み方が変わるでしょう。

 中身を少し紹介しましょう。まずは武士の「家禄」。つまりお給料について。

 

<武士の暮らしは大変だ!>

 みなさんご承知の通り、江戸時代の武士の給料は米払い。

 ○○石取りというのは、米が○○石取れる知行地(支配地)を幕府からいただいているということなんだけど。つまりは、しっかり自分の土地を管理して、お百姓さんに米を作らせないと、自分たちが食べられなくなるということです。

 細かなことはさておいて、取りあえずは百石取りの武士の暮らしについて、『江戸幕府役職集成』を紐解いてみると。

 こういう下層階級の武士の暮らしは、もう、大変だったのです。

 百石取りというのは、百石の米が取れる地域を拝領して、そこから上がる米で生活全般をやりくりしていかなければいけないのですが。

 百石取りの武士には”お勤めのとき、こういう格式を守らなければいけません”という「軍役表」なるものの取り決めがあって。

 「まず、戦場に出るときのために、槍は一本持っていなければいけません。また、お勤めに出るとき、すなわち登城の際には槍持ち・中間を連れていなくてはなりません」これで外出用の使用人は二人必要です。

     百石取りの武士の外出

 そして「家庭内には下女、下男を置きなさい」これで家用の使用人が二人。

 子どもが居なくて主人夫婦だけ、としても、合計六人は養わなければいけないわけです、百石取りは。ところが‥‥。

 米百石というのは、全部自分のものになるわけではなくて。四公六民といって、全体の60㌫は、働いてくれるお百姓さんたちに労働役として渡さなくてはいけない。武士の取り分は、百石のうちの40㌫、四十石しかないのです。

 しかもこの四十石を精米してもらうと、搗き減りして、大体三十五石にしかならない。俵に直して約百俵です。これで、使用人合わせて六人の所帯を賄わなくてはなりません。

 六人分の、一年の米の消費量を、大雑把に見積もっても九石はいる。残りは二十六石。仮に一石一両として、二十六両の金で家庭内だけではなく、対外的なことまで賄わなくてはならないのです。

 槍持ち、中間、下男、下女の給料を、当時の最低基準で計算して五両とすると、残りは二十一両。

 これに塩、味噌、酒、青物その他薬代に薪などを一年間、一人当たり二両とすると十二両かかり、九両しか残らない。

 これに主人と妻の夏冬の衣料代を、切り詰めて十両とみても、もう一両の赤字です。

 ところがこのほかに、病気するときもあれば、吉凶慶弔交際費もあるし、こうなると家の修繕、武器・武具の手入れなんて、とてもできない。

 槍一筋を持つだけの家格の下級武士でも、その経費は大変です。だからたいていは中間一人に下女一人くらいしか使えない。

 これが小藩の百石取り、やや中士の上といった百石取りの武士の生活ですが、中央官庁の幕府勤めとなると、二百石より下の、御家人といって御目見以下(登城しても、社長である将軍様には顔を合わせることもできない、ヒラリーマン)だと、徳川中期以降には、赤貧洗うがごとく、といった、どん底の借金暮らしになっていたのです。 

 これでは徳川幕府、倒れるべくして倒れた、と云うしかないではありませんか。

 というようなことが、役職別に実に細かく、しかも解りやすくかかれているのです。この『江戸幕府役職集成』には。

 だからつまり、これ一冊あると、時代劇や時代小説が、俄然面白く楽しめる、というわけで。

 別にアフィリエイトとどうこうしているわけではないし、大体こういう本がアフィリエイトで買えるかどうか、調べてないので解りませんが。

 時代劇や時代小説が好き、という方のため、また、時代小説を書いてみたい、などと目論んでいらっしゃる方のために、ちょっとご紹介してみようかと思ったわけです。

 この本はほかにも、老中や若年寄の生活、南町・北町奉行所の役職と活動、与力と同心の役割と生活、小伝馬町牢屋敷平面図、拷問蔵見取り図、地方大名の参勤交代のときには家来何百人・腰元何十人・駕籠何丁・馬何十頭を引き連れなければならないとか、江戸城や大奥の見取り図とか、いろいろ、いろいろ、テンコ盛りに書いてあって、ほんとに面白い。

   南町奉行所  入り口  

 まあ、日常生活にはあまり役にはたちませんが、たまには、こういう本を紐解いてみてはいかがでしょう。

         

             捕り物出役の同心と与力の服装

 


nice!(4)  コメント(9) 

江戸を書くのに不可欠な『江戸切絵図』作家の本棚②  [作家の本棚]

 今回はちょっと地味めのお話なので、まずは友人が、香川から送ってきてくれたにぎやかな張子の大トラの写真をお楽しみください。これ、ゴールデンレトリーバーなみの大きさなんだそうですよ。それにしても、派手なトラ‥‥。

             

 さて、ここから本題です。地味ッたって、結構面白い話なんですよ。

 まァ、江戸時代は嫌いだ!ッて方には、強制できませんけど。

 マンションの一室で、セコセコ時代小説を書いている人間を、ひょいっと江戸の町に連れて行ってくれる、ファンタジー・マップのお話なんです。

  全頁が江戸の町の   絵図面になってます。

 

 「江戸切絵図」っていうのは、一種の携帯用マップ。

 自分が住んでる町内、もしくは商売上の行動範囲内に必要な『部分』だけを買って、一応の目安にするわけです。

 なにしろこれがないと、どこかで事件が起きても、遠山の金さんも、銭形平次も、鬼平さんも、現場に駆けつけられませんから(笑)

見にくいですが江戸全図です

 

<江戸の町のナビゲーション>

 「江戸切絵図」というのは、江戸の町全体の地図から各地区を区分けし、そこに位置する大名屋敷、商家、個人の武家屋敷、奉行所、町割り、田畑などを細かく、詳細に描き出した携帯用の区分地図です。

  まあこんな風に 描かれているわけで、右上に見えるのが、かの井伊掃部頭(いいかもんのかみ)様のお屋敷です。 

 

 江戸の人々はこの切絵図をふところに、あちこちへ徒歩で出かけていくわけですが‥。

 当時は印刷機械なんてありませんから、切絵図も全て職人の手作り。浮世絵と同じ木版刷りです。

 つまり浮世絵の版元が、浮世絵や美人画を刷るかたわら、職人に江戸の町を歩き回らせて町々を取材し、これを絵師が地図に起こし、それを彫り師が桜の版木に彫り、それをまた刷り師が紙に刷る、とこういう工程を経て、やっと出来上がるのですね。

 これだけの手間がかかるのですから、そこらの町人が、ホイッと買えるほど安いものでは無かったはずです。しかも江戸は武士中心の町ですから、刷る地図も江戸の中心地帯だけ。

 江戸全域にわたる地図というのは、幕末になってやっと出来上がったような具合だったらしい。

 これについては「江戸切絵図」の編者・浜田義一郎先生が、面白いエピソードを書いていらっしゃるので、ご紹介してみましょう。

「切絵図発生のそもそものきっかけは、麹町十丁目で荒物屋を営んでいた近江屋五平という男が、自分が住んでいた麹町周辺の、番町の地図を作ったことから始まる。

 この番町というというのは、もともと江戸城の番方、つまり旗本の武官が住む、開府以来の古い町。したがって地形のままに無秩序・無計画にできた町並なので、同じような古びた屋敷が続いていて、わかりにくいのが定評になっており、「番町で 目あき 目くらに 道を聞き」と、川柳に歌われるほどであった。

 しかも請託政治盛行の時代だけに、幕府高官の屋敷に届ける進物の品を持って、目当ての屋敷を捜しまわる風景を、川柳子は、「番町で さかなのさがるほど尋ね」、つまり、屋敷を捜しまわっている間に、魚の鮮度が落ちてしまう、と諷している。しかしそれは外来者ばかりではなく、土地の住人もつねづね不便を痛感していて、それを解消するために、近江屋が、商売違いの絵図出版に乗り出したのであった。

 そして、「番町絵図」の書入れに、屋敷替えや代替わりの節は知らせてほしい、とあるのから察しられる通り、地図であるよりは住居表示に重点を置いたものであったらしい‥」 とのこと。

 つまりまぁ、こうした地図を買えない江戸の庶民たちは、土地カンだけで生活していた、ということなんですね。きっと、大人の迷子がたくさん出たことでしょう(笑)

 当然ですがこの時代、車も電車もチャリもありませんから、たいていの人は自分が歩いて行ける距離で生活していたわけで。

 そんな中で、渋谷村の住人が、ちょいと日本橋の芝居小屋で芝居見物、なんて計画をたてたら、もうそりゃ一日がかり。だって、歩いていって、歩いて帰ってくるんですから。

 だからおいそれと登場人物たちを芝居見物になんぞ、行かせられないわけです。

 それではちょっと、江戸の警官・同心たちが固まって住む、八丁堀界隈を覗いてみましょうか。

 これが文久二年の  八丁堀細見絵図です。

 右上に見えるお屋敷が「松平伊豆の守」様のお屋敷ですね。

で、これが八丁堀の全体像です。

 八丁堀は日本橋の南、茅場町あたりに位置していて、同心たちの組屋敷が集まっています。

 当番の日はここから歩いて出勤するわけで、南町奉行所(現在の有楽町マリオンのそば)までなら歩いて一時間くらいでしょうか。

 北町奉行所は今の東京駅八重州口あたり。いやあ、いつの時代でもお勤めは大変、です。

 私も一度、江戸の広さと時間を知るため、東京駅から日本橋・京橋を通って銀座、昔のいわゆる大川、つまり隅田川を渡って富が岡八幡宮まで歩いてみたことがありますが、いやあ、お江戸は広い。足が棒になりました。

 そこらで事件が起きたって、目明しが現場に、文字通り駆けつけるのには、相当な時間がかかるってことだし、まして、それ火事だッ、たって消防車も無いんですからね。

 事件はなかなか解決しません。

 便利な現代の、それもマンションの中で、お江戸の暮らしと事件をリアルに書くってのは、ほんと大変なんですよ~。

 というわけで、こうした歴史資料は不可欠だということです。もし、欲しい、という物好きな方がいらっしゃるなら、東京堂出版から¥5000円前後で出てますのでどうぞ。編者は浜田義一郎先生です。

 そうそう、池波正太郎さんの「江戸切絵図散歩」なんて本も、たしか新潮文庫から出てたような‥‥。

 まあ、そういうことで、今回は『江戸切絵図』という資料のご紹介でした。

 

 

 

 

 

 


nice!(3)  コメント(4) 
作家の本棚 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。