So-net無料ブログ作成
見た話 ブログトップ

これが映画『ねずの番』 観なきゃ損! [見た話]

 

 まずはこのURLの、「寝ずの番」公式サイトを見ましょう。話はそれからです。 http://nezunoban.cocolog-nifty.com/main/ 

 

 この映画はおそらく、TV放映はないでしょう。無理です。TV局に、よほど粋なプロデューサーでもいないかぎり。R-15 指定です。

 莫大なお金をかけた大作映画ではありません。

 はらはら、ドキドキのサスペンス映画でもありません。

 SF超大作でも、アクションものでも、ロマンチック・コメディでもありません。

 アカデミー賞やカンヌ映画祭に出品されることは、絶対にありません。

 日本人の、日本人による、日本人のための映画です。でも‥‥。

 子どもには、わかりません。

 偏見のある、歪んだ精神の人は、きっと眉をひそめます。

 途中何があったって、人間たぁ、生きて死ぬだけの生き物よ。いくら金を持ってたって、あの世にゃ何も持っていけやしねぇ。なんて達観してらっしゃる方は、きっとお腹を抱えて大笑いし、浮世の憂さを忘れて、すっきりして、映画館を出てこられることでしょう。

 こんな映画が創られたこと自体、奇跡。

 日本もなかなか捨てたものではない、と、にんまりしてしまう、粋な大人の映画です。まことに上品な「下品さ」がいっぱいですから。

 死んだ落語家の師匠を、その夜、弟子たちが、一睡もせず大騒ぎして送る、一見不謹慎なお通夜の映画です。だから「ねずの番」。

  お通夜の席で弟子たちが、死んだ師匠を抱えて「死人のカンカン踊り」を躍らせるシーンは、圧巻です。見逃さないように。

     死人を抱えてラインダンス!

 死体役の長門裕之さんは、これだけで日本アカデミー賞の助演男優賞を取ることでしょう。

      いい味出してます。

 原作は2年前、階段から落ちて死んだ怪作家、中島らもさん。

 監督はマキノ雅彦さん。長門裕之さんのお兄さんです。

       今回は出てませんけど。

 芸名:津川雅彦と云う名前の、現役の役者さん。名優です。

 主演は中井喜一。その奥さん役が木村佳乃さん。

 周辺を、名脇役たちが固めています。

 是非に、とは申しませんが、見なきゃ損、だとは思います。なにしろ、法律でも変わらない限り、絶対にTV で放映されることはないでしょうから。

 既に粋な大人の方、日本の粋ってやつに触れてみたい方に、お奨めしたい怪映画ですが、最早DVDでしか観ることができなくなりました。お金と時間に余裕のある方は、どうぞ。


nice!(5)  コメント(11) 

この映画を観に行こう「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」!  [見た話]

                          [ mama-witchのお奨め映画]

  世界一怖い家政婦     ナニー・マクフィー

 

いかにもイギリスらしいブラック・ユーモアが効いた「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」。まずは例のごとくこの公式サイトを見てみよう。話はそれから‥。

http://www.nanny-movie.jp/top.html

 

観ました? でも、実際に観た人間から言わせてもらうと‥‥。

このプレビューだけでは、とてもとても、ナニーの面白さは伝わらない。

だって‥。

ナニーは笑わない‥子どもの教育係なのに。

ほとんど魔法を使わない‥魔女のくせに。

登場シーンは、とっても怖い!‥子供向けファンタジーなのに。

ぽこぽこ死体が出てくる‥童話なのに。

ナニーはほとんどしゃべらない‥主役なのに!

ラストが泣ける‥ハッピーエンドなのに。

だから‥‥観ないとわからないのです、このファンタジーは。

 

個人的には、「ナルニア国物語」より、面白かった。

童話には、ちょっぴり、「毒」があったほうがいい。

だって‥子どもは天使じゃない。

この映画に出てくる子どもたちの暴れっぷり、ほんとに手に負えない悪ガキ! 

悪いことが大好きで、悪い言葉も大好きな、小悪魔たち。

こういう小悪魔たちの教育をどうするか。

どうしたって、世界一怖い家政婦が必要。

そしてやって来たナニーは、圧倒的な威厳と、絶対的な存在感とで子どもたちを震えあがらせ、問答無用の知性と、筋の通った優しさで、彼らと向き合う。

魔法を使わない魔女ナニーと、子どもたちとの戦い。

でも大人の威厳には歯が立たない。だからついにはナニーを尊敬してしまう。

そう、子どもたちは、尊敬できる大人の言うことなら、ちゃんと聞くんです。

 

            ナニーは、優しい魔女なんかじゃない。

威厳があって 圧倒的存在感

 

     「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」

スペクタクルの要素も、CGのびっくりも、派手な仕掛けや壮大な構想もないけれど、見終わって心がほのぼのし、子どものいるしあわせとは何かが胸に浸み込んでくる、それがナニーの魔法なのかも‥。

アカデミー賞を2度受賞した、知性派の美人女優・エマ・トンプソンが、怖くて醜い魔女ナニーの役を喜んで引き受け、

 これがナニー役の  エマ・トンプソン 

主演級の役者たちが、子どもたちのために、ワンサと奇妙な脇役の出演を引き受けたという、地味ーな魔法ファンタジー。

まったく個人的な思い込みですが、ぜひお子さんたちと、恋人と、ダンナサンと、友だちと、そしてひとりでも、ナニーに会いに行くことをお奨めします。

そうそう、公式サイトを見るまで知らなかったけど、この映画、『文部科学省 選定作品』なんだそうです。日本のお役所も、なかなかやるじゃない?

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

春は原宿・表参道ヒルズの散歩道へ‥‥。 [見た話]

       3月10日の表参道ヒルズ

 東京は雨。さっきチャリで行ってきました、原宿の表参道ヒルズです。

 我が家から徒歩10分。チャリで約3分。いや、別になんてことはない情報ですが、原宿に住んで約33年。久しぶりに空を邪魔しない建物ができたので、ちょっとご紹介をと思って。

 特に車椅子で移動される方のために。

 まあ、国際的なブランドずくめのイマドキなファッションビルです。それこそ山盛り、いろんな雑誌に紹介されているので、私ごときがエラそうに、何を紹介できるわけではありませんが、ひとつだけお伝えしたいことが‥‥。

 国際的な建築家、安藤忠雄氏がこのビルを造られると聞いたとき、また原宿の空が狭くなるのか、と懸念していたのです。ところが、出来上がった建物は、確かに地上6階、しかし中に入ると、地下6階の広々とした吹き抜けの空間が。

 いえ、それより嬉しかったのは、全12 階が全てゆったりとしたスロープで繋がれていたこと。

 歩いて、ゆっくりと移動できるというだけでなく、地下から最上階まで、車椅子で見て回れるのです。それが嬉しかった。

 私の母は認知症です。もう車椅子でないと動けません。そして、去年、故郷・高知の介護施設に移りました。だからもう、この美しい吹き抜けの道を一緒に歩くことはできません。

 母は、ボケたあとも、きれいなものを見ることが大好きでした。きれいなブラウス、きれいなセーター、きれいなお店。おいしいものも大好きで、そういうものに出会っているときだけは、ひどく正常に近い反応をしたものです。

 表参道ヒルズ。いま日本最先端の高級ファッションビル。でもここには、とても素敵な散歩道があります。

 もしいま、車椅子のどなたかのお世話をしている方がいらっしゃるなら、一度、このスロープをゆっくり散歩させてあげて、その方を喜ばせてあげたらどうかと思って、ここに紹介してみました。

 オープンして間が無いので、日曜祭日は、確かに大変な人出です。でも、ちっとも遠慮する必要なんてないと思います。美しいもの、新しいもの、人ごみだって、その方が元気なら、楽しめるはずではないでしょうか。

 ごめんなさい、勝手な思い込みをしゃべって。でも、私の母のように、もう、出たくても出られなくなる、その前に、と思って。

 外に出れば欅が芽吹いて、原宿は春間近かです。

 

 


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

これが”ピンポンパール”。あまりの可愛さに大爆笑です。 [見た話]

              なかなか取材に行けないので

”ピンポンらんど”さんのホームページから写真をお借りしてきました。

        さあ、ピンポンパールSHOWの始まりです。

             まずはこちら。可愛いでしょ(笑)

      これが正面図        

  真上から見ると まん丸です!

 横から見ると こんな感じ。

      

            2色もいるし、フナ色のもいる。

       うろこが特徴。真珠を二つに割ってくっつけた感じ。

           パールという名前はここからきてる。

      

        なんと、なんと、出目金パールもいるのです。

    正面から見ると かなり笑える!

美女と キュート

      でも、お尻は見ちゃイヤ!

  コロコロ飼えばこんな感じ。

いっぱい飼えばこうなります。

       以上、いかがでしたかピンポンパールSHOW。

             可愛くて、笑えたでしょ?

  写真をお借りした”ピンポンらんど”さん、ありがとうございました。

 もっと見たい方は”ピンポンらんど”さんのホームページへどうぞ。

   さて、これはおまけです。金魚のオス♂とメス♀の見分け方。

  こちらは♂オスのお尻。横から見ると何も出ていませんが‥‥、

 ♀メスのお尻はこうなってて、ほら、ちょっぴり出っぱりがあるでしょ?

         ええ、もちろん私、見分けられますとも!

    そうそう、もうひとつ。ピンポンパールとはちょっと違うけど、

           私が、金魚界の叶姉妹と言った、

          あの土佐金を、紹介しておきましょう。

     (ちなみに土佐は私の故郷です。関係ないけど。)

 

        広がった尾のひるがえりが一大特徴です。

          どう?ゴージャスな金魚でしょ?

    もっとも、私の飼ってた土佐金は、おツムがちょっと弱くて、

            エサの時間がくるたび、

      あせって水面に顔を出しっぱなしにするものだから、

          しょっ中、空中でおぼれてた‥‥

       やっぱり、天は二物を与えない、のかしらねえ。

                  おしまい。

             MAMA-WITCH でした。 

 

      突然ですが付録です。

          このブログのコメンテーターの方から

      ピンポンパールのイラストが届いたのでご紹介します。

      みなさんも、ブログにイラストを描いたらぜひご一報を。

         取材に行き、ここで紹介させていただきます。

            もちろんお子さんの絵も大歓迎です。 

          

                     作:モリコさん 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(14)  コメント(21) 

金魚坂の『ピンポンパール』 ? [見た話]

「不思議な時計」でも書いたけれど、昔、金魚に狂って、700匹以上も飼っていたことがある。

 部屋の中はもちろん水槽だらけ。

 大は横幅が1㍍50㌢を超えるものから、小さくても横幅70センチ以上。それが玄関入ってすぐの廊下にひとつ、寝室にひとつ、居間に3つ、ベランダに2つ。

 ベランダには拾ってきたベビーバスとプラスティックの風呂桶が、デン、と据えてあり、こちらは大部屋。

 種類も大きさもまちまちのハネ金、つまり豪華水槽に入れるにはちょっと‥という、ハネられた金魚たちの雑居房になっていた。

 大型水槽の金魚たちは、多分みなさんが、これまで見たこともない、というだろう大きさで。我が家でいちばん大きかった金魚姫の硫金なんか、頭からひらひらの尻尾の先まで、ゆうに30㌢はあった。これが我が家最大の水槽に1匹。そう、たった1匹である。

 水槽に水草は入れない。泳ぐ邪魔になるから。

 敷石もしない。フンや水垢が溜まって水が汚れ、病気発生のもとになるから。小さな素焼きの鉢にほんのわずか、口洗い用の小石を入れ、沈めておくだけ。

 火山岩でできた、お飾りの竜宮城みたいな、特に水車付きのなんか、言語道断 !  金魚たちの体を傷つけてしまうではないか。

 こうして水槽の中には大きな金魚1匹と、小石の入った素焼きの平たい植木鉢だけとなり、金魚姫はひたすら優雅にゆったりと、誘惑の舞を踊るのです。

 その動きを眼で追っていると、知らず知らず、催眠状態に陥るらしい。

 ウチに出入りのシナリオ見習いの子なんか、来て水槽の前に座ったのが午後1時ぐらい。で、私に呼ばれてハッと気づくと夕方7時、なんてよくあったなあ。

 また金魚というのは不思議な生き物で、水槽の大きさに合わせ、自分の成長をコントロールする。ええ、住環境って大事なんですよ。特に育ち盛りの子どもにとってはね。

 夜店の金魚を小さな水槽に大量に入れると、何年たっても、ちっとも大きくならない。お互いに生き残るために、自分たちの成長を止めてしまうから。

 つまり、血統のいい子を、そこそこ立派に育てたければ、超大型水槽に1匹だけ、とこうなるわけ。ええ、過保護ですとも。姫と殿たちですもの。

 そもそも何故またそんなに金魚に狂ったのかと言えば、原因はごく平凡で。

 当時小学校4年生だった我が家の長女が、夜店ですくってきた赤い和金と黒出目金が発端だった。ビニール袋に入った金魚たちを、とりあえず洗面器に移し、しぶしぶ水槽を買いに行った‥‥ところが悪かった。そこのオヤジさんは、町の普通の金魚屋さんとは、ちょっとばかり違っていたのだ。

 ちょっと事情を話したら、開口一番、「そんなもなぁ、金魚じゃねぇ」

 いえ、でも、あの、いちおう水槽が欲しいんですが‥小さいの。

「あるよ。売ってやるよ。だけど金魚ってのぁな、ちょっとこっちへ来な」

 連れていかれた店の奥。高さ70 ㌢、横幅1㍍80㌢の水槽の中には‥ええっ、これは何なんだ !

「金魚ってのぁな、こういうヤツを金魚っていうんだ」

 得意満面 ! 

  そりゃそうだ。その豪華マンションみたいな水槽にたった一匹泳いでいらしたのが、後に我が家 1 番の 金魚姫 『マド』 として君臨することになった硫金。

「よく見ろ、硫金っていうのぁな、まず体がこう、窓みてぇに真四角でなくちゃいけねぇ。それから腹だ。腹は真っ赤でなくちゃいけねぇ。つまり全身真っ赤、それが硫金だ。背中は赤いが腹が白、なんてヤツはな、カツオってぇんだ、硫金じゃねぇ」

 ここのオヤジさんは、王道を行く、筋金入りの金魚屋だった。

 何しろ普通の金魚がほとんどいない。タタキと呼ばれるコンクリートの大きな池が4つもあって、見たこともない種類のでかい金魚がうようよ泳いでる。

「そいつぁな、丹頂ってんだ。体が白で頭のテッペンが赤いだろ。だから丹頂鶴の丹頂。そっちは浜錦、まあ、3色の硫金てとこかな。おう、そっちは朱文金、茶色の金魚で、尾が長ぇとこがいい。そっちは羽衣、フナ色で地味なんだが、尾っぽはもっと長くなってな、そう、天女の羽衣みてぇだろ。そりゃあ天頂眼。頭の真横に眼がついてるだろ、上しか見えねぇから、いつもエサぁ食いっぱぐれるんだ。これは東錦、こっちはパール、中国の金魚でうろこが真珠を二つに割ったような感じだ。おい見ろ、こいつが金魚の王さまランチュウだあ」

 いやもうタテ板に水。質問なんてしようもない。で‥‥。

 一年たたないうちに、我が家は金魚水族館

 出目金だって、赤、黒、3色、竜眼、それぞれ2匹づつ。全部手のひらに乗らないぐらいの大きさ。なかでも竜眼という中国の出目金は、目が三角に飛びだしてる。

 ついには金魚の特産地、奈良の大和郡山まで買出しに行って、念願の土佐金(コイツは金魚の叶姉妹。真っ赤なイブニングドレスに身を包んでる)を手に入れてくる始末。

 え ? いまでも飼っているのかって ? いやそれが‥‥。

 当時一緒に住んでいたTVのシナリオ・ライターが、女作って逃げ出したとき、全部の金魚を持ち逃げしてしまって、ハネ金一匹残っていない、のです

 以来20年。逃げた男も金魚も忘れるのに十分な時間が過ぎて、読書三昧、書き物三昧の、平和な日々を送っていたら‥‥出会ってしまったのです。え、いえ、別れた男に、ではなく、金魚に !

 それは2006年1月14日。本郷にある『金魚坂』で。

  ここはタタキを持つ本格的な金魚屋さんがやっている喫茶店兼レストラン。

 出会った金魚の名前は、 ピンポンパール

 嘘ではありません、ほんとに、ピンポンパールっていうんです。

 ヒレは短く、体はまん丸。ほんとにまるきりピンポンの玉。赤いのやら、3色のやらが中型の水槽にうじゃうじゃ泳いでて。もう、どうしようってくらい、可愛い!

 見つけたのが夜で、写メールには映せなかったので、近々また『金魚坂』に出かけて、取材ついでに名物の真っ黒なブラックカレーを食べてこようかな、って思ってます。

               

 でも、私の取材を待ちきれないせっかちな方、また俺が先にピンポンパールをデジカメ取材してきてやる ! 、という、好奇心旺盛な方のために、『金魚坂』の住所と電話番号をお教えしときましょう。

 金魚兼喫茶店『金魚坂』 東京都文京区本郷5-3-15  ℡ 03-3815-7088

 最寄の地下鉄は 「本郷3丁目」 駅。ちなみに、東大赤門のすぐそばです。

     それにしても欲しいなあ、ピンポンパール。

 

 

 

 

 

 

 


nice!(7)  コメント(4) 
見た話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。