So-net無料ブログ作成

この映画を観に行こう「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」!  [見た話]

                          [ mama-witchのお奨め映画]

  世界一怖い家政婦     ナニー・マクフィー

 

いかにもイギリスらしいブラック・ユーモアが効いた「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」。まずは例のごとくこの公式サイトを見てみよう。話はそれから‥。

http://www.nanny-movie.jp/top.html

 

観ました? でも、実際に観た人間から言わせてもらうと‥‥。

このプレビューだけでは、とてもとても、ナニーの面白さは伝わらない。

だって‥。

ナニーは笑わない‥子どもの教育係なのに。

ほとんど魔法を使わない‥魔女のくせに。

登場シーンは、とっても怖い!‥子供向けファンタジーなのに。

ぽこぽこ死体が出てくる‥童話なのに。

ナニーはほとんどしゃべらない‥主役なのに!

ラストが泣ける‥ハッピーエンドなのに。

だから‥‥観ないとわからないのです、このファンタジーは。

 

個人的には、「ナルニア国物語」より、面白かった。

童話には、ちょっぴり、「毒」があったほうがいい。

だって‥子どもは天使じゃない。

この映画に出てくる子どもたちの暴れっぷり、ほんとに手に負えない悪ガキ! 

悪いことが大好きで、悪い言葉も大好きな、小悪魔たち。

こういう小悪魔たちの教育をどうするか。

どうしたって、世界一怖い家政婦が必要。

そしてやって来たナニーは、圧倒的な威厳と、絶対的な存在感とで子どもたちを震えあがらせ、問答無用の知性と、筋の通った優しさで、彼らと向き合う。

魔法を使わない魔女ナニーと、子どもたちとの戦い。

でも大人の威厳には歯が立たない。だからついにはナニーを尊敬してしまう。

そう、子どもたちは、尊敬できる大人の言うことなら、ちゃんと聞くんです。

 

            ナニーは、優しい魔女なんかじゃない。

威厳があって 圧倒的存在感

 

     「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」

スペクタクルの要素も、CGのびっくりも、派手な仕掛けや壮大な構想もないけれど、見終わって心がほのぼのし、子どものいるしあわせとは何かが胸に浸み込んでくる、それがナニーの魔法なのかも‥。

アカデミー賞を2度受賞した、知性派の美人女優・エマ・トンプソンが、怖くて醜い魔女ナニーの役を喜んで引き受け、

 これがナニー役の  エマ・トンプソン 

主演級の役者たちが、子どもたちのために、ワンサと奇妙な脇役の出演を引き受けたという、地味ーな魔法ファンタジー。

まったく個人的な思い込みですが、ぜひお子さんたちと、恋人と、ダンナサンと、友だちと、そしてひとりでも、ナニーに会いに行くことをお奨めします。

そうそう、公式サイトを見るまで知らなかったけど、この映画、『文部科学省 選定作品』なんだそうです。日本のお役所も、なかなかやるじゃない?

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。