So-net無料ブログ作成

『風を聴く』コラボレート写真詩⑧  [コラボレート]

 

 

        『風を聴く』 

     

                               (photo by  ドン亀さん 奥多摩)

     山に入ると

     自分の体から 少しづつ

     ニンゲンというものが

     剥(は)がれ落ちていくような気がする

 

     高みに向かうにつれ

     自尊心や劣等感 勝ち負けといった

     ヨクボウも削(そ)げ落ちてゆき

 

     やがて

     風がわたしの中に入ってくる

 

     風が

     ほんとうに聴こえはじめるのは それからだ 

 

(作者からあなたへ)  

 ☆人間が、自分を人間だと感じるのは、自分の無力さを始めて知ったとき、ではないでしょうか。孤独と云う感覚こそ、人間が持つ最も人間らしい感覚だと思うのです。だから人は、山深く入っていくのかもしれない。自分が人間だということを確かめるために。

             

 

  rout http://blog.so-net.ne.jp/t/

(『ドン亀日記』より)

 「音の無い時間」というタイトルのブログ頁で見つけた写真です。この頁でドン亀さんは、山歩きのときに実際体験した、無音の空間、について書いています。私も一度濃霧の中で、音の無い空間というのを体験したことがあります。 静寂な空間というなら、奈良県橿原神宮の巨大な森の中で体験しましたが、無音の空間となると、滅多なことでは識ることが出来ない。ドン亀さんのした神の世界の体験をぜひ彼のブログで。

  

            


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。