So-net無料ブログ作成

『花嫁』コラボレート写真詩⑤  [コラボレート]

 

         『花嫁』 

 (photo by silvermacさん ハクモクレン)

 

   白いモクレンが咲くころ あたしお嫁にいくの

   それが口ぐせの娘が居た

   よく行く居酒屋の

   よく働く娘だった

 

   地方から出てきて ずっとひとりで暮らして

   故郷で やはりひとり暮らしをしている父親に

   精一杯仕送りをしているという 評判だった

 

   綺麗ではなかったが 優しい顔をしていた

   娘に恋する奴はいなかったが

   毎日顔を見にくる男は大勢いた

 

   桜便りが聞こえはじめたころ 

   娘の姿が店から消えた

   男たちは うわさに興じた

 

   田舎に帰ったのさ と云う奴がいて

   男に決まってるよ と決めつける奴がいた

 

   ラクに稼げる仕事はいくらでもあるからな

   嘯(うそぶ)く奴がいて

   いかがわしい場所で見た と云う奴もいた

 

   しかし結局のところ誰ひとり 

   娘のことなど知らなかったのだ

 

   そしてハクモクレンが咲き始めたころには 

   一年近く働いていた娘のうわさ話をするものなど

   ひとりもいなくなった  

 

   都会では 珍しくもない話だが

   花の季節がくると あの子の言葉を思い出す

 

   白いモクレンが咲くころ あたしお嫁にいくの 

 

(作者からあなたへ)

☆都会でひとり暮らすあなた。誰にも言わない、言えないその胸の内には、一体どれほどの想いを抱えているのでしょう。人はみな一人では生きられない。なのにひとりで生きていかなければならない‥そういう自分を励ますために、自分に向かって、自分を支える小さな嘘をつく。いいじゃありませんか、誰かに ほんとうに出会うまでは‥。

 

 

 http://blog.so-net.ne.jp/ryofu/

(『気ままにブログ』より)

いつも素敵な花が咲き誇るsilvermacさんのブログ06.03.11付の「ご近所の花」から、いま真っ盛りのハクモクレンの花をお借りしてきました。抜けるような土佐の青空にキリリと咲き誇るハクモクレンを見ていると、昔、行きつけの店に居た可愛い娘さんがよく言っていた言葉を思い出しました。春、若い娘さんの胸の中には、ハクモクレンの白い花が未来の夢を広げるのでしょうか。

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。