So-net無料ブログ作成

 『子どもの時間』コラボレート写真詩⑬ [コラボレート]

 

 

 

      『子どもの時間』

                                      

   

          (photo by silvermac「新舞子散策」砂紋より)

 

         足の下を しゃらしゃらと

       海が流れてゆく

 

       どこまでも続く砂場で

       わたしは幸福だった

 

       長く生きて

       覚えていることは そんなに多くはないが

 

       夏の日の 

       子どもの時間だけは

 

       少しも色褪せずに

       いまも 私の中にある

 

(作者からあなたへ)

 ☆足の下を流れていくのは、人生?苦しいこと、哀しいこと、楽しかったあれこれ、人生には数え切れないほどの出来事があったはずなのに、振り返ると覚えているのは無邪気な時間‥。

 

(『気ままにブログ』より) http://blog.so-net.ne.jp/ryofu/

 この美しい砂紋の浜の写真は、silvermacさんの「新舞子散策」の頁からお借りしてきたものです。silvermacさんは、少年時代、お祖父様といっしょに船を漕いで、ふるさと高知の浦戸湾に釣りに行ったそうです。そのときの思い出を、今も大切に胸にしまっていらっしゃる。

 私も含めて、子どもというのは不思議な生き物です。格別なこともなく、ただただ暑かった、というそれだけの一日を、大切に胸の奥に仕舞い込む。大人たちが、忙しさにかまけて気にもしないで忘れてしまう一日が、少年にとっては宝物の時間。人間は、何十年も生きてみないと、幸せで満ち足りた時間というのがどういうものか、解らないのかもしれませんね。

 silvermacさんのこの頁にはこのほかに4枚の写真が紹介されており、前々頁より続く4部作の新舞子海岸シリーズには、春匂う花々も咲き誇っています。silvermacさんの日記も楽しい。ぜひ一度訪問されることをお奨めいたします。

 

 

 


nice!(1)  コメント(3) 

nice! 1

コメント 3

Silvermac

勿論、詩がナイスです。少年時代に祖父と一緒に船を漕いで、釣りに行った浦戸湾の思い出、私の一番大切なものの一つです。
by Silvermac (2006-03-29 21:18) 

Silvermac

ハナニラは直径約2センチ程度です。
by Silvermac (2006-04-05 09:05) 

写真も素敵だけど、mama-witchさんの詩には
感動します。。。
by (2006-05-18 23:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。