So-net無料ブログ作成

ロードムービー童話 『北の カリヨン』 [童話]

               『北のカリヨン』

北国の村を、大きな貨物自動車が走りぬけました。自動車が行ったあとに、小さな金いろのベルが落ちています。お父さんといっしょに歩いていた、幼い女の子がそれをみつけ、頭につけていた赤いリボンを、そっと結びました。女の子のお父さんは、これから遠くの町に、働きに行くのです。女の子は、リボンのついたベルをお父さんにわたし、こう言いました。「あたしのこと、忘れないでね」

               

お父さんは、毎日の仕事が終わるとベルを取り出し、北国の村で待っている女の子のことを思い出します。ベルはリンリンと、忘れな草のような音をたてて、つかれたお父さんをなぐさめてくれました。

下宿やの男の子は、美しいその音色を聞いて、ベルがほしくなりました。そしてある日、お父さんが出かけたすきに、こっそりベルをぬすみ出し、かくしてしまったのです。

ベルをなくしたお父さんは、女の子に会えなくったようで、さみしくてたまりません。でも、男の子も、がっかりです。ぬすんだベルは、どうどうと聞くことなど、できませんから。

しばらくするとお父さんは、働きすぎて体をこわしてしまいました。来たときとおなじに、小さな荷物をもって、村に帰って行きます。男の子は大よろこびです。「これでやっと、あのベルの音が聞けるぞ」けれど、くらい、しめった場所にかくされていたベルには、うっすらとサビがうき、もうあの澄んだ音色では、鳴ってくれません。男の子はおこって、下宿やのまどから、ベルをなげすててしまいました。

町を歩いていた一人ぐらしのおじいさんは、道ばたで、なにか、キラリと光るものをみつけました。ひろいあげてみると、うすくサビのういた、小さな金いろのベルです。おじいさんは家にもってかえって、ていねいにサビをおとし、ベッドのまくらもとに、つるしてみました。するとベルは、またリンリンと、澄んだ音色をたてはじめたのです。

そのばん、おじいさんは、ふしぎなゆめをみました。いつのまにか、すっかりわかくなって、であったころのようにかわいいおばあさんと、町はずれの森の小道をさんぽしている夢です。もうとっくにしんでしまったはずの仲間たちも、ニコニコいっしょにあるいています。うれしくてとびおきると、あのベルが、まくらもとで、かすかに鳴っていました。おじいさんは、遠くの村に住んでいるまご娘のことを、ふっと思い出し、このベルの音を、ぜひとも聞かせてやりたくなったのです。さっそくベルをきれいなはこに入れ、郵便局にもっていきました。

若い郵便やさんが、夏のあつい道路を、自転車で走っています。一日中走りまわって、すっかりくたくたです。するとどこからか、リンリンと、すずしい音が、聞こえてきました。音は、肩からさげた郵便ぶくろの中から、聞こえてきます。郵便やさんは、土手にこしをおろし、その音に、じっと耳をかたむけました。すると、ずっとむかし、この町を出ていった、なつかしい女友だちのことを思い出したのです。「そうだ、こんや、あの子に手紙をかこう」 郵便やさんは、自転車にとびのり、もういちど元気よく走りだしました。

北国のとなり村にすんでいるおじいさんのまご娘は、小包みからでてきたきれいなベルを見て、大よろこびです。まご娘には、とても仲のいい、お友だちがいます。けれどその友だちのお父さんはいま、とてもおもい病気にかかっているのです。しずんでいるその子に、このすてきなベルをプレゼントしたら、きっと元気をだしてくれるにちがいありません。

女の子は、となり村の友だちからとどいたおくりものを見て、びっくりしました。いそいで、お父さんのところに走っていきます。「お父さん、ほら見て、あのベルよ、あたしたちのところにかえってきたのよ」 ベルには、すこしくたびれた、あのときの赤いリボンが、まだついたままでした

きょう、丘の上の教会に、カリヨンがやってきます。カリヨンは、たくさんのベルをくみあわせた音楽塔です。病気のなおったお父さんは、すこし大きくなった女の子の手をひいて、ゆっくりと丘をのぼってゆきました。この小さなベルを、カリヨンの仲間に入れてあげるために。

北国の村の丘の上から、すてきなカリヨンの音色がひびいてきます。 きょうは女の子のけっこんしきです。とても元気になったお父さんに手をひかれて、とても大きくなった女の子が、真っ白なドレスに身をつつんで、丘をのぼってゆきます。あたりにひびくカリヨンの音色に、女の子が、ふとかおをあげました。じっと耳をすませ、なにかを思い出そうとしています。「なんだか、とってもなつかしい音‥‥」 お父さんも、じっと耳をかたむけます。でもそれは、ほんのわずかなできごとで、二人はまた、なにもなかったみたいに、丘をのぼりはじめました。ずっとむかし、二人のしあわせをまもってくれた、あの小さな金いろのベルが待つ教会をめざして。

 

 

 

 

 


nice!(3)  コメント(5) 

nice! 3

コメント 5

liv-mucha

とっても素敵なお話ですね。
女の子のお父さんを慕う気持ちが、周りの人々に伝播していく展開が
とても素敵でした。
なにより、そのベルを受け取った皆が
「ほかの誰かに」送るというのがいいな、と思います。
ラストで、ベルのことを忘れてしまったのは残念ですね。
いままでも、これからも、ずっと町の人々にそんな気持ちを起こさせる
音を響かせてくれていたらいいのにな。
by liv-mucha (2006-03-09 15:28) 

mama-witch

★昔、小さな女の子だったありすさん、nice!&コメントありがとう。
 残念なことに人は、人生に起きるいろいろな試練をあまりにたくさん経験するうち、昔あった小さな出来事を思い出せなくなってしまいます。
 でもそれは決して忘れたのではなく、今の幸せを築くために必要な、大切な積み石のひとつになっただけなのです。ベルは昔と同じ音色で、今も鳴り響いています。二人の心の奥深くで。
by mama-witch (2006-03-20 06:22) 

liv-mucha

ベルだけが、鳴り響いているんですね・・・
大人になると忘れてしまう、なんて、
なんだか切ないです。
by liv-mucha (2006-03-20 10:24) 

大変よいお話でした。
ベルが次々と人の手に渡り
やがて元の持ち主の元へと帰ってゆく。。。
私には、ベルの意思がそうさせたように思えました。

それにしても、物語をかける人が羨ましいな。。。
ブログをはじめる事で、自分のボキャブラりーなど
足りないものが見えて、また他人の記事を読むうちに
いろんな感性に出会い。。。
子どもの頃、読書よりもその辺を走り回る方が好きだった私は
子育てを経験するまでは殆ど本を読みませんでした。
でも、今はゆっくり本を読む時間もないし。。。
だから、こうして物語を読むことができる事に感謝しています。

とくに、小説のたぐいは実は殆ど読まないんですよ。。。
童話や絵本、エッセイ、金子みすずの詩は好きです。
あと、ハリー・ポッターにも一時はまった事が。。。^^;
でも、一方では瀬戸内寂長さんの女源氏物語や源氏物語を
読んだりして。。。
(他の人が書いたものは、どれも最後まで読まなかったけど・・・)
言葉が、表現がとても美しいので好きなんです。
読んでいると、見た事も無いのに平安の美しい景色などが
脳裏に浮かんだりして。。。
それに、あんなにたくさんの女性を描き分けるなんてすごいな。。。なんて、ね。
台詞の長さもすごいなと感じるのは、あまり本を読んでいないせいかしら??
昔の人はよく泣くな。。。とも思う。
あの描写でかなり官能てきなのもすごいと思う。
長々とすみません。
by (2006-05-10 23:18) 

mama-witch

シナモンロールさん、丁寧なコメント&nice ありがとうございます。
 本を読む、と云うのは出会いだと思います。人が、好きな人や、嫌いな人と出会うように、本もまた、好きな本、嫌いな本と出会う、ただそれだけの事だと、私は思っています。たとえ一冊でも、心が震えるような本に出会えれば、人はその本を心の中でいく度も反芻し、繰り返し、繰り返し、読み続けるのではないでしょうか。数多くの本を読むのもいいですが、決して忘れることの出来ない一冊の本を、心の中で生涯かけて読み続けるのもまた、素敵な読書方法だと思います。どんなことも、これが一番いい方法、なんてないと私は思っています。
その人にとってベストなやり方が、きっと一番いいのです。百冊の本をそれぞれ一回ずつ読むのもいいし、一冊の本を百回読み込むのもまたいい。どちらのやり方でも、そうすることで、きっと何かを得るでしょうから。
 得たものや感じたことを、人に伝えることができたら、それを人は作品と読んでくださる。だから感受性の豊かなシナモンロールさんも、きっと物語が書けると思いますよ。
by mama-witch (2006-05-11 20:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。